タクテク
昭和歌謡好き大学生の雑記
プロフィール

プロフィール画像

T.Ueda

電子機器と昭和歌謡を愛する理系大学生

GA4プロパティ「データ探索」の基礎

日付:2021/09/02

1:なんか使いづらい「GA4プロパティ」

GA4プロパティ ホーム

 webサイト運営で欠かせないGoogle Analytics。最近はGA4プロパティこと「Google Analytics 4プロパティ」なるものを推しているようですが、この新プロパティに関する情報が少なく、今ひとつ使い方がわかりづらいです。というわけで今回は、GA4プロパティ版Google Analyticsでユーザーの分析を行う基礎をまとめます。

2:ユーザーの動きを分析してみる

GA4 メニュー

 元々のGoogle Analytics(ユニバーサル アナリティクス)の場合は初めからメニューに測定項目が雑多に並んでいましたが、GA4プロパティでは簡素化され4つのメニューのみとなりました。今回は分析を行いたいので「探索」メニューを開きます

データ探索メニュー

 あらゆる分析はこの「データ探索」メニューから行います。メニューが減って自由度が高くなった代わりに自分で分析のためのグラフを作成する必要があるので正直面倒になりました。いくつかプリセットがありますが、今回はユーザーが自サイト内をどのように移動しているのかを分析したいので、「経路データ分析」プリセットを選択します。

データ探索 初期状態

 すると、テンプレートが表示されました。このテンプレートから全PVのうち、次にクリックが発生した件数が676件あることがわかります。こんな感じでユーザーの行動を解析することができます。

変数設定

 また、グラフに表示される項目の設定は左側の「変数」ペインで着目したい項目を選択し、「タブの設定」ペインにドラッグアンドドロップすることで変更できます。例えば、「変数」ペインの「ディメンション」に「国」を追加、それを「タブの設定」ペインの「内訳」にドラッグアンドドロップすると、

alt

 各セグメントにマウスホバーすることで国別の内訳を確認することができます。

結果

 また、各ステップ上部のプルダウンメニューから項目名を変更することで、ページタイトルで項目を分類できます。ページタイトルにすれば例えばページ内に貼った内部リンクからどのくらい他のページへと遷移しているのかを確認できます。また、各ノードをクリックすることでステップを進めることができます。

その他の分析

 それ以外にもなんかいろいろありますが、よく分からなかったのでパス。というか、アクセス解析なんて見る暇があれば記事を書けって話なんですが。