タクテク
昭和歌謡好き大学生の雑記
プロフィール



T.Ueda

電子機器と昭和歌謡を愛する理系大学生

2000円台でも質感良好:AT-X11は低価格でマイマイクに丁度いい

日付:2020/08/24

1:遂に導入「マイマイク」

 何かと衛生を気にする世の中になりました。そんな中、外出自粛ということで家カラオケを楽しんでいた筆者ですが、 そろそろ店で歌いたい、でも使いまわしのマイクって衛生的には最悪、ということでついにマイマイクを導入しました。

2:マイクは意外と低価格で買える

audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン プロテクトリング付き AT-X11

新品価格
¥2,783から
(2020/8/23 21:30時点)

 「マイマイク界隈」ではCM-2000が有名ですが、なんかレビューが今ひとつだったので今回はオーディオテクニカのAT-X11を購入。 2000円台後半(記事執筆時点)と、割と低価格でした。私はマイクが軽いほうが好きなのでより小型なAT-X3とも悩みましたが質感が今一つそうだったうえに周波数特性も 今ひとつだったのでAT-X11を選びました。とにかく小型、軽量という場合はAT-X3がいいかもしれません。ヒトカラってマイク持ちっぱなしなので腕が疲れるんですよね。

ダイナミックボーカルマイクロホンaudio-technica AT-X3

新品価格
¥1,650から
(2020/8/23 21:30時点)

外箱

 外箱はこんな感じ。外箱のデザインは今一つかな。

外観

 「2000円台の低価格マイク」ですが、本体はダイカスト製で結構高級感があります

ボイススイッチ

 単純なマイクなので特にこれといった「機能」はありませんが、ボイススイッチはついています。

プロテクトリング

 また、プロテクトリングが付いているので転がり防止になります。

ケーブル

 ケーブルは5mあるのでゆったりです。太めのしっかりしたケーブルになっているのも高評価です。

XLRコネクタ オス

 XLRコネクタは金属製で堅牢です。何気にXLRコネクタを触るのは初めてです。

XLRコネクタ メス

 マイク側のXLRコネクタにはオーディオテクニカのロゴが刻印されています。こういう中身も自社製の製品は期待できます

6.3/3.5mmプラグ

 出力プラグは金メッキで6.5mm標準プラグ3.5mmミニプラグ両対応です。 ミニプラグ対応ですがダイナミックマイクなのでPC・スマホのマイク端子に直接つないでも使えません。アンプ必須です。

ゲイン調整ネジ

 なんか半固定抵抗みたいなのが付いていて、ゲイン調節ができそうですが説明書には書かれていないので触らないのが無難でしょう。

3:歌い心地や如何に

マイク接続

 という訳で、朝一番に久々にカラオケ屋に行ってきました。マニアックな曲を歌いたいということで機種はJOYSOUND MAX GOをチョイス。 JOYSOUDは今までマイク端子が背面だったのですが、MAX GOからは全面右下にマイク端子が追加されたので便利です(LIVE DAMはフロントに2つついている)。 端子は6.3mm標準プラグ(太いほう)です。マイク音量を下げて接続すればOKで、設定とかはないです。

 で、どんな感じだったかというと

 そういえば私はマイク音量0にする派なので音質は関係ないことに後から気づきました。 まあ、音量がやや小さめとはいえ音量を上げれば済む話ですし、何より質感堅牢な設計が評価できます。個人的には結構満足です。

audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン プロテクトリング付き AT-X11

新品価格
¥2,783から
(2020/8/23 21:30時点)

4:おまけ

予約リスト

 怒涛の岡田有希子(採点を入れると一時停止できないので文字通り歌い続けました。正直しんどかったです。)